On Demand Webinar

The New EU GMP Annex 1 Revision 2017: Review, Insights, and Feedback

Learn more or

Download Now

Microbial Control and Monitoring in Aseptic Processing Cleanrooms

抽象

218_Microbial-Control-and-Monitoring-in-Aseptic-Processing-Cleanrooms.jpg

クリーンルームおよび関連する管理された環境では、汚染に弱い活動の遂行に適した水準となるよう汚染(不活性微粒子や微生物学的実体)を制御できます。汚染の制御が役立つものとしては、さまざまなクリーン環境を必要とする航空宇宙、エレクトロニクス、食品、飲料、化粧品、一般的なヘルスケア、医療機器、医薬品などの産業における製品やプロセスがあります。

特に無菌処理によって微生物汚染のリスクが制御される医薬品製造施設では、環境モニタリング(EM)は、物理的なテスト方法と微生物学的なテスト方法で構成されます。クリーンルーム内に存在する微粒子の総数が少なくなるほど、気中微生物が存在する可能性も低くなるというのは、一般的な仮定です。この仮定が成立するのは、作業者が空気中の粒子状物質の主な発生源である場合のみです。しかし、主に機械的操作によって発生したバックグラウンドの総微粒子汚染と、人員に起因する総微粒子数とを明確に区別することは不可能です。したがって、クリーンルーム環境モニタリングプログラムは、通常、総微粒子数の要素と微生物学的な要素の両方で構成されています。

これらのEM要素から取得されたデータによって、医薬品の無菌調製のための安定した適切な環境がどの程度正しく維持されているかに関する重要な情報が得られます。

無菌製品には、次の2つのカテゴリーがあります(Isaacson、2009年)。

  • 最終容器で滅菌できる製品(最終滅菌)
  • 最終滅菌が不可能であり、無菌調製を行う必要がある製品

無菌環境で製造される製品には、次のものがあります。

  • 無菌医薬品
  • 無菌バルク
  • 無菌中間体
  • 賦形剤
  • 幹細胞の生産と保存
  • 医療機器(一部の特別な場合)

無菌的に充填される無菌製品の例は、次のとおりです。

非経口以外

  • 眼科用薬剤例: 点眼薬
  • 外用剤(クリーム、ローション、軟膏)、ガーゼ
  • 洗浄液
  • 吸入剤

非経口

  • 髄腔内、脳内、注射(静脈内、筋肉内、皮内、または皮下)
  • 血液透析液
  • これらの製品は各種容器(アンプル、バイアル、ボトル、バッグなど)に無菌的に充填可能

無菌処理環境は、患者にとってのリスクという点で最も重要であり、そのため、厳しく規制されており、綿密に検査されます。

Microbiologically Controlled Environments in the Pharmaceutical Industry

非生存微粒子および生存微生物の監視は、cGMP製造環境の設計と制御を評価するために使用されます。非生存微粒子モニタリングプログラムは、空気分類の維持を確認するために継続的に機能するという重要な役割を担います。

一般に、総合的な環境モニタリングプログラムでは、次の項目を定期的にモニタリングする必要があります。

  1. 気中生存微粒子
  2. 非生存微粒子
  3. 差圧
  4. 気流の方向
  5. 温度と湿度
  6. 人員、設備、作業台、床、壁などの表面微生物汚染

 

目標として、環境モニタリングプログラムは、次の情報を提供する必要があります。

  • 製造施設における制御の状態に関する情報
  • 短期的および長期的に評価する必要があるデータ
  • 施設への微生物や微粒子の侵入に対する検出システム
  • オペレーターの行動と訓練
  • SOPチャレンジ
  • HVAC、HEPA、および差圧に関するインジケーター
  • 施設で回収された生物の種類に関する情報
  • 施設の変更管理を評価するための方法として使用

EMプログラムにおける微生物モニタリングでは製造エリア内に存在する微生物の正確な量と質を把握できないことに注意する必要があります。多くの研究で、生存しているが従来の寒天培地では増殖できない微生物が多数存在することが示されています。つまり、VBNC(培養不能生存)として知られているこれらの微生物は、従来の方法では検出されません。また、従来の方法ではいつでもどこでもサンプリングを実行できるわけではないという実用上の問題があります。この方法は、特定の監視期間を提供するだけです。したがって、微生物モニタリングプログラムは、定義された仕様に従って計数データを収集して特定のバッチが無菌状態であることを保証する方法ではなく、製造プロセスが継続的に制御された状態であることを示すための方法です。

詳細に関心をお持ちですか?「Microbial Control and Monitoring in Aseptic Processing Cleanrooms(無菌処理クリーンルームでの微生物制御とモニタリング)」アプリケーションノートを無料ダウンロードするには、このページのフォームに必要事項を入力して送信してください。