A New Rapid Microbiology Method based on Measuring Oxygen Depletion

製品および製造環境の微生物モニタリングに利用可能な手法には、数十年という長い歴史があります。寒天培地のペトリ皿上のコロニーを集計して微生物細胞を数える手法は現在でも一般的に利用されていますが、各種のより洗練された迅速な方法も品質管理や微生物研究で採用されています。このような微生物迅速検出法(RMM)では、細胞成分の構造および生体分子の機能を解明するために開発された化学的および物理的な方法を活用しています。このような方法は、医薬品、食品、飲料、水、および品質管理施設に提出されるその他の試料中に存在する可能性がある微生物の検出、計数、および識別に利用されるようになってきています。そのため、小さすぎて肉眼では見えず顕微鏡または培養物でしか数えられない細菌細胞の単純な表示から、細胞構造と細胞を形成する生体分子の最も細密な部分を含む非常に複雑な画像へと変化しています。


本書では、クリーンルーム環境で表面微生物汚染をテストする微生物迅速分析である酸素欠乏ベースの方法について説明しています。この手法の他の用途には、原料、賦形剤、医薬品、医薬用水、および医薬品産業での環境モニタリング用途におけるバイオバーデンのテストが含まれます。このシステムでは、TSBなどの薬局方準拠の液体培地での培養時に酸素欠乏の測定値に基づいて微生物汚染を検出します。この研究結果により、この微生物迅速技術は、信頼性および感度が高く、標準の公定テストと同等であることが示されています。

詳細に関心をお持ちですか?「New Rapid Microbiology Method based on Measuring Oxygen Depletion(酸素欠乏の測定に基づく新しい微生物迅速方法)」アプリケーションノートを無料ダウンロードするには、このページのフォームに必要事項を入力して送信してください。