PMSがお客様に最適である理由​

1972年の創立以来、汚染モニタリングソリューションのエキスパートとして世界中に展開

Superior Knowledge
Particle Measuring Systems(PMS)は、レーザーベースの微粒子カウントの発明者として、優れた人材の雇用と育成に努めており、この分野をリードし続けています。

当社のエキスパートは、講演依頼やウェビナー、執筆論文に加えて、高い教育水準によって裏付けられたソートリーダーとして認められています。当社の技術エキスパートは、お客様に積極的に関わり、業界標準に関する委員会に参加して、進化するニーズや当社の幅広い顧客層が直面する課題を理解するよう努めています。当社の実績あるParticle College®プログラムでは、2日間の講義や実践的なラボを提供しており、微粒子測定の基本的な概念から、汚染モニタリングおよび汚染管理の高度な応用まで、幅広く対応しています。


Superior Technology

研究、エンジニアリング、および製品製造に対する主要な投資により、当社は、製品およびアプリケーションに関連する特許を60件以上取得しています。私たちは、事実に基づく意思決定、産出プロセスの改善、変化する規制要件への準拠を可能にする技術を生み出します。当社の技術では、水中で20 nm、空気中で10 nmというわずかなサイズの微粒子を測定でき、1兆分の1の単位で分子汚染濃度を測定できます。また、当社は、微生物検出のリーダーでもあり、偽陽性を低減する従来の手法を改良し、検出速度と精度を向上する迅速な手法を開発しています。
 

Superior Quality

Particle Measuring Systemsは、信頼性の高い製品を設計し、優れた品質管理システムによってその技術を裏付けることで、汚染モニタリングの基準を確立します。

 

Superior Service
当社のサービス技術者は、最高基準に合わせてお客様の機器を校正できるよう十分に訓練されており、各校正での一貫性を維持する重要な手順は、当社のソフトウェア制御による手法によって自動化されています。これにより、世界中のどこでも、校正を行う場所に関係なく、工場出荷時の校正と一致する、同じ校正結果および性能が確保されます。

すべての校正は、ISOガイドラインに厳密に従って実施されます。PMSは、第1チャネルの感度に関する優れた計数効率テストを提供しています。医薬用途では、流量、計数効率、微粒子サイズ、分解能、信号比、ゼロカウントを検証および設定するための測定方法を含むISO 21501-4:2007の厳しい基準に合わせてパーティクルカウンターを校正する必要があります。また、各校正はNISTトレーサブルの基準を使用して実施され、校正ごとに証明書が発行されます。