企業方針

私たちPMS-JAPANは、米国PMS日本支社として、2009年よりサポート体制・設備を整備し直販体制を開始しました。PMSは、微細パーティクル測定を技術コアとし、クリーンな製造環境を測定・モニターすることで、皆様に安全な製薬・食品、高性能な工業製品お届けできるよう製造現場を支えています。「グローバルスタンダードからトータルソリューションのご提供」を合言葉に、日々技術、サービスの向上に努めてまいります。

環境方針

1.基本理念

PMSは、地球、世界、地域との共存共栄を経営の最重要課題のひとつととらえ、社会の持続的発展を可能とする健全な環境を次世代に引き継ぐために、全事業活動にわたり、環境の汚染を防止し、資源の有効活用を図り、循環型社会の形成をめざすことによって地球環境の保全と改善に貢献します。

2.基本姿勢

PMSは、環境問題への対策が人類の生存と企業の永続的発展にとって必須であると認識し、事前環境への影響に配慮し、責任ある企業として地球環境の保全に努めます。併せて、優れた製品を通じて社会からの信頼を確保すべく、これらの活動のPMSならびに取引先へ積極的に展開していきます。

3.活動方針

 1.排出抑制・再使用・リサイクルを推進し、省エネルギー・省資源並びに廃棄物の削減と適正処理を行い、循環型

   社会の形成をめざします。

 2.企画・開発・設計の各段階で、生物多様性を含む環境・安全を配慮した評価を行い、環境保全に適合する商品の

   提供に努めます。

 3.生産・流通・廃棄などの段階で生物多様性を含む環境保全に有効な資材・装置等の積極的な導入を行うと共に、

   環境保全技術の開発・工場に努め、環境負荷の最少化を図ります。

 4.環境負荷低減ならびに有害物質削減の目標の達成に努め、環境監査等を通じて環境マネジメントの継続的な改善

   を図ります。

 5.環境に関する国、地域の法律・規則並びに国際的に締結された条約を遵守します。

 6.環境に関する意識向上並びに活動推進を図るため、従業員への教育を徹底します。

調達方針

PMSは、「共存共栄」の理念を掲げ、世界の繁栄と人類の幸福に貢献していくために、有用な商品の開発・生産・販売を行い、収益をあげ健全な成長と発展を果たすことを目指しています。PMSは良質かつ適正な価格の物品を調達することにより、製品品質の維持向上と製品価格の低減を図り、お取引先の皆様とともにお客様のニーズにこたえることに努めています。

1.法令や企業倫理を遵守し、環境保全に十分配慮した取引に努めます。

2.すべての企業に門戸を開放し、審議誠実の精神に則りお取引先との校正・公平な取引を推進します。

3.評価プロセスを通じて選定された優秀かつ信頼のおける取引先との相互進化を通じてものづくりを推進します

4.地球環境に配慮した製品の調達を推進します。

PMS本社

PMS(Particle Measuring System)は、1972年Robert Knollenberg により米国コロラド州Boulderに創立された微小パーティクル測定、モニタリングのグローバルトップ企業です。最近では、半導体のデザインルールの進歩に伴い粒径10nmの気中パーティクルおよび20nm液中パーティクルを測定可能な製品を開発・リリースしました。また、製薬・バイオ・食品業界向けに工場のクリーン環境を常時モニターする製品群もリリースし、あらゆる産業に対応できるラインナップを用意しています。 

ロッキー山脈の麓というクリーンテクノロジーを追求する絶好のロケーションで、私たちPMSは、技術限界にチャレンジしています。

PMSは英国Spectrisのメンバー企業です。

 

Global Offices Map